瞬間をありのままに捉える

フルハイビジョンの16倍の3300万画素もの画質を有する次世代映像規格8K。
Armadasは8Kカメラをいち早く導入し、全ての瞬間を驚異的な画質で記録します。

1
1

8Kとは?

フルHDの16倍の解像度

8K は一般的な一眼レフを凌ぐ7680×4320=3300万画素もの画素数を有する次世代の映像規格です。Armadasでは8Kに対応したRED Weapon8K (最大フレームレート8K 60fps)とRED Epic-W(最大8K 30fps)を導入。マルチカムでの8K収録にも対応します。

会社を中心に顧客、マーケット等様々な要素が複雑に絡み合い、市
場を形成しています。ブランディングは会社とそれに関係する人々
の間に「信頼感」や「安心感」を生み出す橋渡しになります。

ブランディングのプロセスは5つに分ける事が出来ます。

Stage 1: RAW撮影

Armadasはダイナミックレンジを最大限に生かすため全ての映像をRAWで収録します。RAWで収録することにより色飛びが少なくなり、より美しい映像表現が可能になります。

Stage 2: Develop & Strategise

Appleを始め、市場で成功を収めているブランドは企業理念や価値観を効果的に顧客に提案しています。企業メッセージはブランド戦略やデザインを決定する際の極めて重要な要素となり、Stage 2ではその大事なメッセージを深く掘り下げて考えます。

Stage 3: Research & Analysis

お客様のマーケットに対する理解がなければ効果的な差別化戦略を考案する事は困難です。デザインに入る前に競合相手やタッチポイントの分析を行います。分析を行う事で初めて、差別化戦略の決定が可能になります。
※タッチポイントとは会社と顧客の接点(ウェブサイト、名刺、従業員の制服等)を指します。例えば高級ブランドの担当者が、安物の名刺を渡したらブランドイメージは台無しになります。そのため、ブランディングにおいてタッチポイントの分析は欠かす事が出来ません。

Stage 4: Visual Development

リサーチ後初めて、デザインの制作に取りかかります。 企業メッセージを効果的に表すデザインの骨子を決め、それをStage 3で分析したタッチポイント全てに適用します。Armadasのデザインはすべて体系的に管理されており、一貫したブランドイメージの確立が可能になります。

Stage 5: Brand Alignment

ブランディングはデザインで終わりではありません。ブランドのイメージを維持するには、従業員の教育や、ルール作りが必要となります。Armadasはお客様が作り上げた大切なブランドイメージを長く維持するために、ブランドマニュアルを制作いたします。

1
1